2009年07月21日

OZMA様とOZOZと時々先生←パクリ

OZMA様との思い出記事のUP。

OZMA様との出会いは2006・3・4

神奈川県大和市某ホームセンター内のショップ

「吠えない犬なんだ〜」程度の第一印象

翌週、3・11には既にOZMAとして我が家に・・・

oz1.jpg

この4か月後には、OZOZ人生最大の苦悩に出会う事など想像だにしていません

本やTV知人からの知恵等を拝借しながらのOZMA様との生活は、苦労の連続。

自分の何がいけないのかも、どこが間違っているのかさえも、わからず

このままでは、いつか愛せなくなり手をあげてしまうであろう事に

人として恐怖を感じていました

そんな時にお散歩知り合いさんからの情報で、初代の先生に出会い

カウンセリングを受け包み隠すことなく全てを話しました

「自分の何がいけないのかもわからない」という質問の答えには

「犬が悪いんじゃないのよ、あなたが間違っているのよ」と・・

「あなたのやり方が間違っていた、犬にはそれぞれの方法がある」

「それを見つけていきます」「それをあなたがやらなければ意味がない」と

言われ正直ビビりました。でもね、手をあげたりするよりはよっぽどマシかなと。

OZMA様との生活を楽しくするためには、自分が変わるしかないのかなと。

この頃一番手を焼いていたのが「噛み噛み」

トレーニング2回目で先生に言われたのが「噛みには徹底した基礎訓練つまり

服従訓練をしていくしかない」という事から「虎の穴トレーニング」の開始

この虎の穴には、OZOZが落とされました。

練習不足だったりやるべき事や報告を怠ると・・・・突き放されます

OZMA様のトレーニングではなくこれから先OZOZがOZMA様と間違った

向き合い方をしないためのOZOZのメンタルトレーニング

このお陰で今があるといっても過言ではありません

この先生とも引っ越しで離れ、OZMA様との孤独な戦いの幕があがりました

ozoz7.JPG

チョークでの下手な練習のしすぎで、胴輪使用になってしまった頃。

怪我が治ってからは、即チョークに。

そして引っ越し先にもOZMA様が慣れてきたころ

ozoz6.JPG

ozoz9.JPG

BIBIちゃんに慣れたころ。

BIBIを飼ってOZMA様の事が判ったことも沢山ありました

OZMA様にはトレーニングがもっと必要だという事。

そこで
016 (27).JPG

欲しい・・・
017 (29).JPG

技術や知恵がほしい・・と思っていたころ





020 (17).JPG

e-coleさんに出会いました

そして、今またもう少し頑張りますか〜で、早8か月

OZMA様は、大分進化を遂げ、OZOZは

ozoz5.JPG

先生方の手を借り、知恵を借り

haruharu33.png

こういった美しいトレーニングの姿に憧れ

自分の下手さ加減に打ちのめされ「肩の力を抜きなよ」と教えられるのでした

タグ:引っ越し
posted by OZOZ at 21:00| 千葉 ☔| Comment(4) | OZOZ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

OZOZの読書?事情



 

020 (27).JPG

趣味のブログ記事!!

漫画に興味のない方は「ごめんなさい」

漫画が大すき。

この所、時間配分が悪いためか、積み本状態。

が、最近ようやく購入済みの漫画が積まれなくなりました

漫画の紹介。

某編集者さんから教えてもらい読み始めた物+OZOZの好み

022 (22).JPG

イケ面で強い傭兵の男の子の話しとか武器商人のイケイケの女の人の話

ある星の王になるために強くなっていく、これまたイケ面男子のお話

次は、OZMA様の学校の先生達からの情報でハマった漫画達。
023 (23).JPG

新撰組にロマンスを織り交ぜたお話。続刊中です。泣けます。笑えます

024 (20).JPG

前世の記憶?いやちょっとちがうかな

もう一人の自分とシンクロしていってしまうみたいなお話なのかな〜

これはまだ、全巻読んでいないので詳しく説明できませんが・・・

なんとなく、ホワ〜と出来ちゃう感じの所で止まっています。

025 (14).JPG

OZOZが一番好きな戦闘物です。滅茶苦茶、興奮しました。

さも自分が現場にいるかの様に。「北斗の拳」みたい

どちらかと言うと未来形になるのかな。

イケ面は残念ながら登場しませんが戦闘のプログラムがドンドンと

進化していきます。

戦闘物の良いところは、自分との闘いが一番のネックであって

それを乗り越えなければ進化しない=強くはなれない、勝てないって所

そこに、とても惹かれていってしまう。

そしてロマンスの中にもそれはあり、対相手ではなく成就の為には

いつどんな時にでも闘うべき相手は自分なんだ、ということかな。

戦闘物もロマンスも、自分を見失わず真っ直ぐに欲しいものややりたい事

守りたいものの為には、自分と戦いなさいよって意味では同じなんですね。

漫画を馬鹿にしてはいけません

OZOZ犬道も自分との闘いです。

OZMA様と戦っているのはどちらかと言うと先生達。

OZOZが戦う相手は自分。

その為の教科書が漫画。

あっ!だから先生に勧められたのか・・

読みたいと思う本に出会うためには、ガツガツと情報収集

本屋が大好き!!

本屋に住みたい
タグ:新撰組
posted by OZOZ at 13:13| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。