2011年03月18日

私が愛犬に出来る災害対策

個人ブログではありますが、
今の私が、人として、
一社会人として思う事から。
東日本大地震において、被災されました皆様に
心よりお見舞い申し上げます。

そして、一日も早い被災地、日本の復興を
願っております。

当日の私。

偶然にも休日でありました。

食事の下ごしらえをしたら

散歩に出かける予定で動いておりました。

船酔いの様な

目眩かしら?

と、いう様な安穏とした揺れから

出勤前で自分の部屋で

まだ、ダラダラとしていた息子

そして、そこで同じくダラダラとしていたであろうozma

感度が鈍い私に

ただ事ではないぞとばかりに知らせに来たのが

マイペースozma


image-20110318205235.png
日常的に、こんな所で地震訓練している成果か?(私に何時も、この背もたれを揺らされている)

揺れが何時もとは違うと感じた息子も
飛び起きて来た。

「犬にリード付けて確保して」

私の怒号に、何時もは嫌になる位に

スローな動きの息子も速かった。

そして、倒れそうな家具を押さえ込む。

片手に犬を抱きながら。

息子「外に出た方が良いんじゃないの?」

私は人間の親でもある。

いくら成人していようとも

親として冷静さを失ってはいけないと

どこかで思っていた様だ。

「こんな時に慌てて外に出るなんていかん。」

幸いにも我が家は一階。

「出口確保は、ガラスを割れば良いんだよ」

犬も子供も守る義務は私にある。

実は、私。大の苦手に雷があるが

地震も凄く怖い。

地震対策として背の高い家具は最小限。

引っ越す時には避難路さえ考えて

物件を捜すんですわよ。

しかし、万全ではなかった。

一番低い家具の上に置いてあったTVが

声はすれども画面がないぞと…

その時からTVの前には

ラブリーな二人掛け用ソファーの背もたれが

ガッチリと置かれた

お陰で、リモコンきかないけど。

留守番ワンコ仕様に様変わり。

そして、今回は落ちなかったが

どこにも行くアテのない電子レンジの下には

縫いぐるみ。取り敢えずの処置。

なのに、なのに、


image-20110318211621.png

その上で寛ぐ子が…

オマケに

image-20110318211734.png

縫いぐるみの場所を移動して遊んでるのよ。

地震後、揺れに敏感になっていたワンコ

三回目位までは、オロオロと玄関に移動していたが

(パニクる様になると困るなと思っていた)

玄関に移動しているのが一番安全かと思い

玄関迄の避難路を確保。

私がいる余震の度に玄関誘導。

後は、本能に頼るしかない。

だって、いつも一緒にいるなんて不可能だから。

クレート係留も時として

犬の逃げ道を失う。

扉はなし。

パニクる事を最小限にしてあげておき

逃げ道も作っておいてあげる

それしか、私には出来ない

後は、近隣の犬仲間を作っておいてあげる

近隣の方に犬を覚えて貰う

だから、毎日の近隣散歩は重要であり

人とも犬とも仲良く出来る事が大事。

可能な限り、時間を変えた近隣散歩で

覚えて貰う。

私が出来るワンコ災害対策。











posted by OZOZ at 21:35| 千葉 | OZOZ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。