2009年12月12日

PCのVAIOちゃんを立ち上げるのに

30分から1時間掛かり、

いつ、なん時ファンが動き出すのかに

ドキドキしているもんで、ブログの更新もままならない。

いい加減、修理に出すしかないのかな・・・

あーメンドクサイ。

TVよりも気難しく、

バセンジーOZMAと同じ位に扱いづらい。

昨夜、全く眠れず朝7時位にやっとウトウト。

2時間後に目が覚め散歩に出て

家事を済ませ、昼過ぎに又、散歩に出て

14時ころ横になり2時間位ウトウト。

その時に、何故かブッキーの夢を見た。

妻夫木 聡君の方のブッキーよん。

何故か、ブッキーは私の彼なのだ。

が・・・・・

姉の元愛人でもあるという不毛な関係。

そして、彼はそれを誤魔化すために

判りやすい「嘘」をつくのだ。

その嘘を、いともたやすく見破る私なのだが

年下の幼い彼に対して

大人の女としての行動をしなければならなく

若干イラっとした夢であった。

なんで、ブッキーだったのかも判らないのだが。

V6岡田准一君なら何でも赦しちゃうのになーーとも

思った腐った考えもあったのは、確かにそーだけど。

私の中での世界1位の美形男子の岡田君だけど

彼は、自分がそこまで端正な美形男子だと

意識が皆無なのではないかっていう

好感度NO1男子でもある。

ブッキーも、美形というか可愛い男子なんだけど

萌えないし、燃えない。

美形と言えば、ジョニ・デも美形の意識がない。

だから、萌えなのか・・・・?

いや、どちらにもある体当たりの演技力が好きなのよね。

男や漢を感じる、ケンシロウやラオウ

果ては、サウザーやシンでもいいのよね〜

自分の中の芯が流れにブレなければ。

ドラゴンボールの悟空やべジータでもいいわけだ。

おお、そうなるとドラえもんでもOKって言う事か・・・

ある意味「野原しんのすけ」もそうかもしれない。

ノビ太じゃダメなんだけどね。

「沈まぬ太陽」の恩地。

会社の理不尽な扱いにも屈せず我を通し、

プライドもズタズタであっただろうが

屈せず貫き通した所に家族からの批判もあったが

貫き通した大切にしている物が

自分の、人には背負わせられない

重いプライドだったのかな。

プライドって、高いのでは意味がないが

自分で、持っていなければいけない物ではある。

高い、低いではなく「重いか軽いか」が大事なんだろうな、とは

犬に教えて貰った事の一つでもある。

ほんと、重いよね。

何かを育むって事は・・・


blogram投票ボタンクリックしたくなったらお願いしますクリスマスクリスマス
posted by OZOZ at 20:35| 千葉 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。