2012年07月02日

アドバイスに従ってみた。

Ph値と蛋白値が上昇していた
五月の定期健診。
療法食が合わないのか
はたまた、いよいよ悪化なのか?

獣医さんとは
「今回の結果のみで【今の療法食が合わない】
という見解を出したりする事はせずに
細かに観察して行きましょう」
という事でした。

ありがたい事に私には、大変な愛犬家で腎臓内科医の犬友ママがおり
哺乳類全般に発病するファンコニーの
相談をしていた。
彼女はozmaの心配は勿論
犬のファンコニーに関する
新しい情報がないかも調べてくれており
彼女の見解も
「細かな観察と食事の管理が大切」だと
メールをくれていた。
ありがたい事で大変に心強い。
で、余り芳しくなかった検査結果と
細かな観察と食事の管理という点から
食事の管理について考えてみた。
食事以外、何もあげないのは
可哀想だから「これなら大丈夫だろう」
とかという考えの親バカを排除。

たまにあげていたプチトマトをやめた。
お留守番アキレスもやめたがったが、
以前「ozmaの生き甲斐を全てやめるのはかえってストレスになる」という話しから
アキレスの質と量は変えてみた。

アキレスもやめるべきと考える方もいるかもしれないが、今回は
そこは細かな観察と消去法で進んで行こうと。
今はとりあえず酸性に戻す方向で
脱トマト。
蛋白制限しているわけだから
たった2gとは言えアキレスもやめるべきなんだろうが
今現在は投薬なしで酸性に戻す方向で
トマトはやめてみただけなんだが。

この方法が正しかったのか、どうかは
わからないが
とりあえず、6月の定期健診では
元に戻っておりました。
獣医さんには
「何か変えたのか」と聞かれ
「酸性にするには肉類を増やせばなるって言うけど、ozmaの場合はそれができないからね〜」と何気なく言っていた先生の言葉と
犬友ママの食事の管理が大切の言葉から
「トマトをやめてアキレスは質と量を変えてみました」と答えた。
あぁ、あともしかしたら
私の仕事がものすごく忙しく
帰宅が深夜なんて事も多かったので
彼のストレスが多かったせいかもしれません。










posted by OZOZ at 00:01| 千葉 ☔| OZOZ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。